社科网首页|论坛|人文社区|客户端|官方微博|报刊投稿|邮箱 中国社会科学网

首页中国语

現在のページ:トップページ > 日本経済研究室

  日本経済研究室

経済研究室



 

経済研究室は主な研究方向は日本マクロ経済事情、経済政策及び経済制度の動向を追跡し、客観的に日本経済の運営メカニズムを研究分析する上に、日本経済の発展する過程における参考すべき経験と教訓を検討することなどである。本研究室は中国国内に日本経済の発展と変化を紹介するともに、日本に中国経済の発展と変化を紹介し、中日両国間の経済技術及び情報交流等の掛け橋の役割を果たしている。

経済研究室のスタッフは、国家社会基金課題、中国社会科学院クラス及び研究所クラスなどの重点課題を数多く完成させた。主な業績は次の通りである

1、日本の新技術革命、198511月  湖南科学技術出版社

2、日本の経済体制、19881月 湖南科学技術出版社

3、日本経済の活力、19882月 航空工業出版社4、問題対策メカニズムーー日本経済発展の経験と教訓、19941月、経済科学出版社

5、日本の経験と中国の改革、19943月、経済科学出版社

6、冷戦後の日本経済、199810月、社会科学文献出版社

7、日本沈没浮揚論、20003月、中国社会科学出版社

8、日本:2000-2001、20029月、中国社会科学出版社

9、日本:2001 、20029月、世界知識出版社

当面、研究している中国社会科学院及び日本研究所重点課題は次の通りである。

1、大転換と大改革――日本経済発展モデルに関する再検討(全員参加、院重点課題)

2、戦後日本企業と産業研究(胡欣欣担当、所重点)

3、戦後日本国土総合開発(張季風担当、所重点)

4、日本の規制改革について(徐梅担当、所重点)

5、日本及び先進諸国法人税改革比較分析(張淑英担当、所重点)

その他、研究しようとする課題は次の通りである。

日本の産業構造調整について(丁敏)、中日産業比較優位研究(丁敏)、競争を阻害する行為研究――中日家電産業を中心にーー(胡欣欣)、日本の北海道総合開発(張季風)

経済研究室在職スタッフプロフィール

徐 梅 女性 漢民族 吉林大学大学院日本研究所日本経済学科卒、経済学修士

現職:研究員  研究方向:日本経済制度、日本貿易、対外投資及び経済関係

丁 敏 女性 漢民族 日本関東学院大学卒、経済学修士

現職:副研究員  研究方向:日本産業発展史、産業構造、産業政策研究、中日産業比較分析、日本企業経営

張季風 男性 漢民族、日本東北大学大学院経済学研究科卒、経済学博士

現職:研究員、研究方向:日本マクロ経済分析、地域経済及び国土開発

経済研究室長:徐 梅     副室長:劉瑞

現職スタッフ:張季風 丁敏 姚海天  李淸如

研究室電話:010-6403-6369

FAX:010-6401-4022

所在地:北京市張自忠路3号東院日本研究所構内  〒100007