社科网首页|论坛|人文社区|客户端|官方微博|报刊投稿|邮箱 中国社会科学网

首页中国语

現在のページ:トップページ > 中日関係 > 本文

  中日関係

中日関係の弁証法的解析



  中日関係の弁証法的解析 

  馮  昭奎 

  中日関係の発展と変化は、何度も繰り返される矛盾に満ちた変化のプロセスである。2010年代以来、中日間の矛盾が日増しに激化され、2014年は、両国の矛盾が「これ以上激化しようのない」非常に危険な局面に直面した。中日両国政府は首脳会見を行い、四つの原則的共通認識を取りまとめることにより、二年に及び厳しい状況に置かれた両国関係は重要な転機を迎えた。2015年の中日関係は「静か」な状況で推移すべきである。四つの原則的共通認識をしっかりと遵守し、両国関係を平和と発展、協力、共栄軌道のうえで推し進めるべきである。両国の政治と外交レベルの矛盾が両国国民の間の矛盾と相互敵視に発展することがないよう、中日両国の民間交流を強化すべきである。また、中日間の環境保護協力を強化すべきであり、環境問題など非古典的安全分野の協力を両国間の友好的な紐帯とするべきである。最も重要なのは、中日間の「戦争と平和」問題を解決することであり、いわゆる「中日は必ず戦う」という状況から「中日イノベーションの戦い」へと変えさせることである。 

 

日本学刊2015年第1号